ここから本文です

銃撃事件後も野球大会決行=「暴力に屈せず」―米議会

6/16(金) 10:01配信

時事通信

 【ワシントン時事】米共和、民主両党の連邦議会議員が対決する毎年恒例のチャリティー野球大会が15日夜、ワシントンで開かれた。

 今年は共和党チームが直前の練習中に襲撃を受け、メンバーら6人が負傷する事態となったが、暴力に屈しない姿勢を示すため、両党は大会を決行した。

 襲撃の際に足を負傷した松葉づえ姿の警察官が始球式を行うと、スタジアムは拍手と歓声に包まれた。トランプ大統領は掲示板に映された動画メッセージで「私たちが脅迫、暴力、民主主義への攻撃におじけづかないことを世界に示す」と強調した上で、「プレーボール」を宣言した。 

最終更新:6/16(金) 10:39
時事通信