ここから本文です

<広島市長>「核兵器の禁止を見届けたい」被爆者の思い訴え

6/16(金) 10:42配信

毎日新聞

 ◇国連で演説

 【ニューヨーク國枝すみれ】核兵器禁止条約の第2回交渉会議が始まったニューヨークの国連本部で15日、松井一実・広島市長が「被爆者は、存命のうちに核兵器の禁止を見届けたいとの強い願いを持っている」と演説し、今会期中の採択を求めた。

 松井市長は「被爆者は、こんな思いを他の誰にもさせてはならない、という深い人道的信念から、真摯(しんし)に核兵器廃絶を訴えてきた」と述べ、条約採択を切望していると訴えた。

 また、条約採択後の課題は核兵器保有国やその同盟国による条約締結を促進することだと指摘。「締結国と市民社会が協力して『核兵器の使用は、人類全体の危機を招くだけで、安全保障に何ら役立つものではない』ということを核保有国などに周知する必要がある」と述べた。

 さらに、過去にも政治的な歩み寄りにより核軍縮が進展した例があったとして、会議に出席していない核兵器保有国に「真に核拡散の防止を願うのであれば、自らの核軍縮にも勇敢なリーダーシップを発揮すべきではないか」と訴えた。

最終更新:6/16(金) 10:48
毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ