ここから本文です

Pro-Ject AUDIO、'50年代風デザインに最新技術のレコードプレーヤー「The Classic」

6/16(金) 12:14配信

Impress Watch

 ディ-アンドエムホ-ルディングスは、Pro-Ject AUDIO SYSTEMSの創業25周年記念レコードプレーヤー「The Classic」を6月より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は12万3,000円前後

 The Classicは、クラシックな外観に最新技術を投入したレコードプレーヤー。創業者のハインツ・リヒテネガーがレコードプレーヤーのキャリアをスタートさせた40年前のレコードプレーヤー構想を具現化したという。

 1950年代~60年代にレコードプレーヤーメーカー各社が確立した伝統的なフレームデザインを生かし、コンパクトでシンプルかつエレガントな形状を採用。速度安定性を求めて、低ノイズのACモーターを利用したベルトドライブ設計に、超高精度のDCドライブACジェネレーターを組み入れている。

 木製のフレーム内に、シャーシとサブシャーシを内蔵し、熱可塑性エラストマー(TPE)による抑振設計により、共振を減衰。メインシャーシとトッププレートの間をTPE材のボール(6個)で支持するフローティングシャーシ構造により、プラッターとトーンアームを台座部の共振から分離している。

 プラッターは300mm径のアルミニウム製で、TPEにより減衰加工を施している。上位モデルに近いサブプラッター/メインベアリング構造を採用し、精度を向上。トーンアームは、カーボンとアルミニウム素材を組み合わせている。また、様々なカートリッジを使用できるよう、アジマスとVTA(垂直トラッキング角)の調整機能も備えている。

 回転数は33/45rpm。適合カートリッジ加重は7.0~14.0g。外形寸法は460×351×131mm(幅×奥行き×高さ)、重量は10.2kg。電源アダプタやダストカバー、Phonoケーブルなどが付属する。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:6/16(金) 12:14
Impress Watch