ここから本文です

「この世界の片隅に」ついに観客動員数200万人を突破! 100万人突破から約半年、こつこつとファンを増やし続け

6/16(金) 12:48配信

ねとらぼ

 映画「この世界の片隅に」がついに観客動員数200万人を突破しました。2016年11月12日に公開されてから、約7カ月での偉業達成です。

【画像】公式Twitterの報告

 同作は全国63館という小規模で公開をスタート。初週は約3万2000人を動員し、全国映画動員ランキングでは10位を記録。その後、口コミでじわじわと評判が広がり、4週目には約4万6000人を記録し、ランキングでも4位まで上昇。11週目には同作としては最高となる週間約7万人を記録。動員ランキングでも15週連続でトップ10圏内にとどまるなど、異例のヒットとなりました。

 2017年1月16日には観客動員数100万人を突破。週間ランキングで10位圏外になった後もロングランを続け、2月には累計公開館数も300館を超えました。公式Twitterでは200万人まで「あと1万21人」となった5月17日から、「お客さま200万人カウントダウン」を開始していました。

 アヌシー国際アニメーション映画祭への参加のためフランスに滞在中の片渕須直監督も自身のTwitterで反応。200万人突破を祝うファンや関係者のツイートをいくつかリツイートしつつも、監督当人は当日の朝食画像や、映画公開以来の日課となっている経過日数のカウント「217日目」というあくまでも日常的なツイートを投稿。さらに、200万人突破後も以前と変わらず同作鑑賞のため劇場を訪れ続ける作品ファンに対し「さらに前に進む! ありがとうございます」ともコメントしています。

 「この世界の片隅に」はアヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門に出展されており、受賞作品は最終日の6月17日(現地時間)に発表予定。こちらの結果も楽しみです。

最終更新:6/16(金) 12:48
ねとらぼ