ここから本文です

鈴木京香 松坂桃李と共演した女優が次々結婚に「まさか私?」

6/16(金) 19:03配信

東スポWeb

 女優・鈴木京香(49)が16日、大阪市のNHK大阪放送局で行われた次期NHK連続テレビ小説「わろてんか」(10月2日~)の新キャスト発表会見に登場した。

 京香は女優・葵わかな(18)演じるヒロイン藤岡てんの姑・北村啄子(つえこ)を演じる。

 1991年度の連続テレビ小説「君の名は」ではヒロインの氏家真知子役を演じた京香。当時のスタッフから「真知子もはようまなって、ヒロインのお母さん役になって帰ってきてや」と言われたという。

「うまなってないですが、すてきな息子の母親、“いけず”ではありますがすてきなヒロインのお姑役でまた出させていただき、撮影を楽しみにしております。これから船場の姑役といえば鈴木京香といってもらえるようにしっかり頑張りたい」

 姑を演じるのは初めて経験。しかも「いけずでケチ」という設定。それでも、オファーを受けて「おもしろそうだ」と思ったそうで「若いお嫁さんは引く方もいるかもしれない。でも、啄子としては理由がしっかりある。毎朝、お姑さんの主婦の方に気持ちよく『こういうの、ある、ある』と思っていただけるようにやりたい」と意気込んだ。

 葵とはこの日初めて会ったそうだが「経験者としては、半年間の長丁場でつらい思いやプレッシャーもあると思う。何かあったら『大丈夫やで』と隣で言ってあげたい」と話し、「啄子としては『よー、お気ばりやす』と背中を強く押してあげたい」とヒロインの先輩としてエールを送った。

 この日の会見には京香のほか、葵、松坂桃李(28)、藤井隆(45)、広瀬アリス(22)、大野拓朗(28)が出席した。

 報道陣から、松坂と共演した女優が次々と結婚することについて質問が及ぶと、松坂は「僕には何のメリットもないですよ。そういうパワーを持ちながらやっていけたら」と苦笑い。

 一方、俳優・長谷川博己(40)との熱愛も報じられている京香は「まさか私? わかなちゃんには早いし、アリスちゃんかと思った。私はもう全然」と笑った。

最終更新:6/16(金) 19:03
東スポWeb