ここから本文です

松本のギャラリーカフェで「山と雷鳥展」 アクセサリーや器、「雷鳥張子」新作も /長野

6/16(金) 18:37配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、企画展「山と雷鳥展」が開催されている。(松本経済新聞)

新作の「雷鳥張子」夏毛バージョン

 アクセサリーや器、ポーチ、オブジェ、本など約220点を展示する。出展は、海と山、mauve(モーヴ)、Akane Bon Bon、vapor trail.、金井三和さん、野村剛さん、小沢夏美さん、本・中川。

 「雷鳥張子」の今シーズンの夏毛バージョンも先行で展示販売する。Akane Bon Bonこと梅川茜さん、野村さん、小沢さん、本・中川の中川美里さんが「松本らしい土産品を作りたい」と始めた同プロジェクト。3シーズン目となる今作は、小沢さんは黄色い2羽のヒナが並んだ「ふたご雷鳥」、野村さんは穴の中から顔を出す姿が愛らしい「首振り雷鳥」、梅川さんはスッと立った「美人雷鳥」を制作した。新作のほか、これまでリリースした歴代の張り子も一堂に並ぶ。

 初参加となる「山と海」は、小さな登山靴とブーツのチャームを出品。同店オーナーの熊谷俊行さん・幸枝さんが作品を手掛ける杉山のり子さんと八ヶ岳の山小屋で偶然出会い、作品に一目ぼれしたという。「とても精巧に作られていて、思わずザックに付けたくなる」と幸枝さん。

 mauve・山本葵さんは、登山道具や高山植物をモチーフにしたピンバッジやキーホルダー、アクセサリーなどを用意。穂高岳山荘や焼岳小屋など山小屋で限定販売している「山バッジ」なども展示する(非売品)。野村さんは雷鳥のおきあがりこぼしと、同展に合わせて絵画を2点描き下ろした。

 「山の楽しみ方はのんびり、ゆっくり」という幸枝さん。山好きな人たちの気持ちが高まってくる季節に合わせて企画したという。「山好きの方はもちろん、そうでもない方も楽しめると思うので足を運んでもらえれば」とも。
 
 価格は、雷鳥張子(2017年夏毛)=3,200円、ポーチ=1,700円~、山バッジ=1,800円、登山靴・ブーツチャーム=4,000円など。営業時間は11時~20時。火曜と第1・第3・第5月曜定休。6月26日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク