ここから本文です

弘前にスープスタンド「スープライダース」 スープ好きが高じて開業 /青森

6/16(金) 19:26配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 弘前に6月10日、スープスタンド「SOUP RIDERS(スープライダース)」がオープンした。(弘前経済新聞)

サーフキャンプをイメージした店内

 コーンスープをメインに軽食やコーヒーなどを提供する同店。店主の齋藤友香さんはスープ好きで、「コーヒースタンドはあるのに、スープスタンドが少なく、弘前にはなかったので自分でやってみたかった」と開業の思いを語る。

 「スープライダー」はサーフィン初心者の意味。夫と始めたサーフィンだが、いつまでたっても上達しない齋藤さん自身と、スープをかけた店名だという。

 店舗面積は約11坪。席数は6席。同店は20年以上続き、今年4月に閉店したイタリアン食堂「イタリー」の居抜き物件を活用したが、店内はサーフキャンプをイメージしたアウトドアグッズなどを展示し、齋藤さん夫婦で改装したという。

 「出店を考えていたところ、たまたま見つけた物件」と斎藤さん。店頭の窓ガラスに描いたガラスペイントは「偶然知り合った人にお願いした」という。「思いがけない出会いやタイミングが重なってできた店」と笑顔を見せる。

 メニューはコーンスープ、オニオンスープ(以上300円)、本日のスープ(200~500円)、バゲット(2カット、100円)、ホットサンド(300円~)、ホットコーヒー(250円)、各種ソーダ(200円~)を用意する。スープとミニサラダのついたバゲットセット(400円)、ホットサンドセット(600円)は数量限定でランチ時間(11時~14時)に提供する。

 齋藤さんは「飲むとホッと気持ちが落ち着き、小腹も満たされるスープの良さを多くの人に味わってほしい。気軽に立ち寄ってもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~18時。休業日はホームページなどで知らせる。

みんなの経済新聞ネットワーク