ここから本文です

前田忠明リポーター、野際陽子さんが亡くなった13日の事務所社長との切迫した電話を明かす

6/16(金) 9:13配信

スポーツ報知

 芸能リポーターの前田忠明氏(76)が16日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に出演し、13日に肺腺がんのため都内の病院で81歳で死去した女優の野際陽子さんが亡くなった当日の秘話を明かした。

 前田リポーターは、野際さんの体調が気になり、かねてから親交のある野際さんの所属事務所の社長に13日に電話をしたという。病状とがんの転移の有無などを聞くと「そんなようなもんで。転移はないと思うんだけど。う~ん」と言葉を濁したという。

 病院を聞くと「それは言えない」と言われ、現在、出演しているテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」の収録があることを問うと「あなたね。そんなこと言っている場合じゃなくなったのよ」と言われて電話を切られたという。

 前田リポーターはそれから関係者に電話したが「だれも出てくれなかった」という。そして、15日夜に訃報を聞き「えっ!」と絶句したと明かしていた。

最終更新:6/16(金) 23:23
スポーツ報知