ここから本文です

収賄の環境省職員を免職=除染事業で

6/16(金) 16:08配信

時事通信

 東京電力福島第1原発事故の除染事業をめぐる汚職事件で、環境省は16日、収賄罪で起訴された同省福島環境再生事務所の鈴木雄二元専門官(57)=起訴休職中=を同日付で懲戒免職にしたと発表した。

 同省はまた、上司の同事務所長ら3人に厳重注意した。

 環境省などによると、鈴木元専門官は2015年9月~16年6月ごろ、特定の業者を下請け業者として推奨する見返りに、約20万円分の接待や、現金約2万5000円を受け取ったとして起訴された。鈴木被告は公判で事実と認めている。 

最終更新:6/16(金) 17:21
時事通信