ここから本文です

石田純一、野際陽子さんと親子2代での秘話を生放送で明かす「普通じゃない美しさだった」

6/16(金) 8:38配信

スポーツ報知

16日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で13日に肺腺がんのため81歳で亡くなった女優の野際陽子さんの生前のドラマで活躍する映像を放送した。

 番組には1994年のTBS系ドラマ「長男の嫁」で共演した石田純一(63)が電話で生出演。石田は共演した当時を振り返り「役者としては完璧で。当時60代だったと思うんですけど、台詞も完璧でスピードもあって素敵な女優さん。普段はユーモアがあって印象に残っています」などと明かした。

 NHKアナウンサーから女優に転身した野際さん。石田の父・武さんもNHKアナウンサーだった。「実はですね。うちのオヤジもNHKで親子2代の付き合い。オヤジは野際さんの上司にあたっていたんです。長男の嫁でご一緒した時に、あんた最近、人気あるらしいけどお父さん、めちゃめちゃかっこよかったのよって言われていた」との秘話を明かした。

 アナウンサー時代は石田の自宅にも「遊びに来ていただいたり、アナウンサー時代、ちょっと普通じゃない美しさだったですよね」と話した。最後に野際さんへ「ボクらの中では不死身な感じなんで、信じられないですね。動揺しています。お疲れ様でした。ありがとうございました。ボクは迷惑かけてばっかりだったかもしれないけど本当、楽しかったです」と感謝していた。

最終更新:6/16(金) 23:23
スポーツ報知