ここから本文です

ゴーン氏に8億円超報酬案、今年は承認 ルノー株主総会

6/16(金) 18:40配信

朝日新聞デジタル

 フランスの自動車大手ルノーは15日の株主総会で、カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)に2016年の報酬として総額約700万ユーロ(約8億6800万円)を支払う議案を賛成多数で承認した。採決(議決権ベース)の結果は、賛成が53%、反対が47%とわずかの差だった。AFP通信によると筆頭株主のフランス政府は反対したという。

 ゴーン氏の報酬をめぐっては昨年の株主総会で、15年の約725万ユーロの報酬案に「高額すぎる」との批判が出て54%が反対。採決に強制力はなかったが、株主の批判を受けたルノーは、業績などに連動するボーナス相当分の上限を引き下げるなど、報酬体系を見直していた。今年の株主総会では、17年のゴーン氏の報酬について、見直し後の報酬体系をもとに支払うとの議案も賛成54%、反対46%の賛成多数で承認した。(ロンドン=寺西和男)

朝日新聞社