ここから本文です

<毎日書道会>毎日書道顕彰に2部門3人に

6/16(金) 18:42配信

毎日新聞

 毎日書道会は16日、第30回毎日書道顕彰を、芸術部門は毎日書道会参事、創玄書道会評議員の大川壽美子さん(70)と毎日書道展審査会員、玄和書道会会長の西墨濤さん(61)に、啓蒙(けいもう)部門は毎日書道展審査会員、独立書人団評議員の柴山抱海さん(75)に贈る、と発表した。

 大川さんは昨年8月に開かれた「大川壽美子書展」(札幌市資料館ギャラリー)が古典から現代まで幅広い時代を対象にした、かな書に対して独自の考えを盛り込んだ作品展開が高く評価された。

 西さんは昨年12月に開かれた「華甲記念・西墨濤書展」(セントラルミュージアム銀座)が伝統的な筆法から現代的な表現まで書域の自在さと練度の高い作風が称賛された。

 柴山さんは、長年にわたり世界各地で書の国際交流展を開催。さらに、尾崎放哉の生誕130年を記念した全国公募の放哉書展の開催や句碑建立事業を推進し、自らも個展「放哉を書く」を開くなど、さまざまな活動が高く評価された。

最終更新:6/16(金) 18:51
毎日新聞