ここから本文です

マクレガーVSメイウェザー UFC代表がPPV売り上げに自信

6/16(金) 10:22配信

スポニチアネックス

 総合格闘技UFCのスター選手とプロボクシングの元世界王者が顔を合わせるボクシングマッチ。UFCのダナ・ホワイト代表(47)は、この一戦がペイパービュー(PPV=有料放送)で過去最高の売り上げを記録すると自信を見せている。

 UFCのライト級王者コナー・マクレガー(28)とプロボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(40)、この2人が8月26日(日本時間27日)に154ポンド(69・85キロ)がリミットのスーパーウエルター級で対戦することになった。ホワイト代表は米国のFOXスポーツに対して次のように語る。

 「米国、英国、オーストラリア、そしてカナダでも、この試合はペイパービューで過去最高の売り上げを記録するだろう。メイウェザーとパッキャオの対戦は(過去最高の)440万件だったが、ペイパービューの視聴者数は増加傾向にあるからね」。

 注目度は高いものの、マクレガーはプロとしてのボクシング経験がなく、ミスマッチとなる可能性も。さらに、もう一つ懸念材料があり、数週間後にこちらもボクシングファン必見となる、ゲンナジー・ゴロフキンとサウル・アルバレスのカードが組まれているのだ。2試合とも視聴しようとなれば、かなりの出費。財布と相談するファンが増えそうだ。