ここから本文です

坂上忍 加計学園問題「うやむやは許されない」…安藤優子「怒りの持続が大切」

6/16(金) 17:21配信

デイリースポーツ

 安藤優子キャスターと俳優の坂上忍が16日、フジテレビ系「バイキング」から「直撃LIVE グッディ!」へのリレートークコーナーで、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の問題を巡る記録文書の再調査結果が、文部科学省と内閣府で異なることに「うやむやになることだけは許されない」「(国民は)怒りを持続させることが大切」などと意見が一致した。

 安藤キャスターが「このまま幕引きとなってしまうんでしょうか」と切り出し、国会で加計学園を巡る集中審議が行われていることを取り上げた。安藤キャスターは「昨日、文科省から発表された文書に加えまして内閣府から文書確認の発表がありました」とし、加計学園の獣医学部新設を巡り、内閣府が16日に公表した調査結果が前日に文科省が明らかにした再調査結果と多くが異なるものだったことを取り上げた。

 安藤キャスターは「内閣府のほうは文科省とは一転しまして『総理のご意向』とか『官邸の最高レベルが言っている』という趣旨の文書は確認されなかったとともに、そうした発言はなかったという発表でした。文科省が自作自演したんでしょうか」と坂上に投げかけた。

 坂上は「これで会期延長しないで、うやむやになるってことだけは許されないと思うんですけどね」と国会が延長されずに疑惑が解明されないままになることを危惧した。

 安藤キャスターは「それは私たちの気持ちにかかっていると思うんです。このままじゃ困るよっていう。日本人っておとなしいなって思うんです。羊たちのように従順でおとなしい。このまま黙って、いつか『こんなことがあったね』というくらいで、忘れていくと思われているんじゃないですかね」と政権側は、国民がすぐに忘れることを当て込んでいるのではと指摘した。

 坂上は「このまま国会が閉会して何も無かったということにするなら、印象としては『逃げた』というふうに残りますからね。マスコミや、何より世論の力は大きい。この空気消して欲しくないですね」と忘れるべきではないとの考えに同意した。

 安藤キャスターは「こういう国会運営をする多数を選んだのはまぎれもなく私たち。それと向き合うためにも怒りの持続は大切なこと。なんで、あることがないことにされるのか、ということも含めて今日は怒りの導火線に火を付けてみたい」と巨大与党を誕生させたのは有権者であるとして、重ねて怒りを持続させることの重要さを訴えた。