ここから本文です

リオ落選の高橋侑希、3度目V レスリング全日本選抜

6/16(金) 19:18配信

朝日新聞デジタル

 レスリングの全日本選抜選手権の第1日は16日、世界選手権(8月、パリ)代表選考会を兼ねて東京・代々木第2体育館で男女計8階級があり、男子フリースタイル57キロ級で高橋侑希(ALSOK)が3度目の優勝を果たした。男子グレコローマンスタイル80キロ級では前田祐也(鳥取中央育英高職)が3連覇。女子では75キロ級の鈴木博恵(クリナップ)が、階級区分が変わった2014年以前から続く最重量級での連覇を6に伸ばした。男子は優勝した5選手が世界選手権代表に決定。昨年の全日本選手権と優勝者が違う男子フリー125キロ級はプレーオフを制した山本泰輝(拓大)が代表に決まった。女子は強化合宿などを踏まえて決める。

【写真】女子58キロ級決勝で熊野ゆづるを破り、ガッツポーズする坂上嘉津季(上)=林敏行撮影

(記録は優勝者)


■各階級の優勝者

 【男子フリー】57キロ級 高橋侑希(ALSOK)▽86キロ級 松坂誠応(自衛隊)▽125キロ級 田中哲矢(自衛隊)

 【男子グレコローマン】66キロ級 高橋昭五(警視庁)▽80キロ級 前田祐也(鳥取中央育英高職)▽98キロ級 奈良勇太(日体大)

 【女子】58キロ級 坂上嘉津季(ALSOK)▽75キロ級 鈴木博恵(クリナップ)


■落選の悔しさ、東京で晴らす

 男子フリーの最軽量級は高橋が3試合で1ポイントも奪われない圧勝で世界切符をつかんだ。選考会で敗れたリオデジャネイロ五輪は、今大会は61キロ級に出場する樋口黎に代表の座を奪われ、その樋口が銀メダル。悔しさを味わった。東京五輪の代表もまた、樋口との争いとなる可能性が高いとみる高橋は「世界選手権で勝てないと(樋口に)勝てない。メダルを狙う」。

朝日新聞社