ここから本文です

<加計学園>菅官房長官が「怪文書」発言を撤回

6/16(金) 19:19配信

毎日新聞

 菅義偉官房長官は16日の参院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、「総理のご意向」などと記された文書を「怪文書」と批判した自らの発言を撤回した。民進党の福山哲郎幹事長代理の質問に「現在の認識ではない」と述べた。

【図でわかりやすく】「総理のご意向」文書を巡り、安倍政権は迷走続き

 菅氏は「当時は出所や入手経路が不明で、信ぴょう性もよく分からなかった。不可解な文書で『怪文書』という話をした」と釈明。「現在は複数の文書について出所が明らかになった」と語った。

 菅氏は文書の存在が報道された5月17日の記者会見で「怪文書みたいな文書ではないか。出所も明確になっていない」と批判していた。

 しかし文部科学省は今月15日、再調査の結果、一部の文書の存在が確認されたと発表。菅氏は同日の会見で「怪文書という私の言葉だけが独り歩きしているのは、極めて残念だ」とトーンダウンしていた。【田中裕之】

最終更新:6/16(金) 21:29
毎日新聞