ここから本文です

桐谷美玲主演「人は見た目が―」最終回6・1% 前回から0・4ポイント微増 堤下カットせず放送

6/16(金) 10:41配信

スポーツ報知

 15日に放送された女優・桐谷美玲(27)主演のフジテレビ系ドラマ「人は見た目が100パーセント」(木曜・後10時)の最終回の平均視聴率が6・1%だったことが16日、分かった。

 初回9・5%でスタートした同ドラマだが、第2話で3・1ポイント急落の6・4%。第3話6・0%、第4話で同ドラマ最低記録となる5・5%までダウン。第5話で6・5%と1・0ポイント回復も第6話6・4%、第7話5・6%、第8話5・8%、第9話5・7%、そして今回と推移した。。

 同ドラマには、桐谷、水川あさみ(33)、足立梨花(24)、今作がドラマデビューとなる、お笑いタレントのブルゾンちえみ(26)、岡崎紗絵(21)らが出演。桐谷演じる、見た目のさえないおしゃれ偏差値最低の製紙会社研究員がある日、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのではと思いたって美を突き詰めるべく奮闘する、大久保ヒロミさん原作のラブコメディーだ。

 同局の調査では20~40代の女性視聴者の支持が高く、桐谷ら女性キャストの奮闘ぶりへの共感度が高いことがうかがえる形となっている。

 出演者のお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(39)が14日午前2時30分ごろ、東京都狛江市の世田谷通りで車を停車し意識がもうろうとした状態で発見され、警視庁調布署から事情聴取を受けたが、最終回は通常通り放送された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:6/16(金) 10:41
スポーツ報知