ここから本文です

阪神・原口 楽天・ドラ1藤平から先制2ラン 前夜はサヨナラ打

6/16(金) 18:52配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神-楽天」(16日、甲子園球場)

 阪神の原口文仁捕手(25)が、一振りで試合を動かした。

【写真】前夜は金本監督に節目の勝利をプレゼント

 二回、1死走者なしから鳥谷が内野安打で出塁すると、昨日の西武戦で劇的なサヨナラ打を放った7番・原口に打席が回った。

 その初球だった。外角いっぱいの直球を捉え、フルスイング。打球は勢いよく左中間スタンドへ。先制の2ランで、プロ入り初登板の楽天ドラフト1位・藤平にプロの洗礼を浴びせた。

 原口は「風もフォローでしたし、打球方向を少しレフト方向に意識して、外の甘めにきたボールをしっかり芯で捉えることができました。相手より先に点を取ることができてよかったです」と振り返った。

 原口は2試合連続の先発出場。昨日は、出場18打席ぶりに安打を放つと、延長10回にはサヨナラ適時打を決め、チームの勝利に貢献した。

スポーツナビ 野球情報