ここから本文です

卓球男子ダブルス、世界選手権銀の大島・森薗組、銅の丹羽・吉村組そろって快勝し準決勝で対決

6/16(金) 13:19配信

スポーツ報知

◆卓球 ワールドツアー ジャパン・オープン荻村杯第3日▽男子ダブルス準々決勝(16日、東京体育館)

 卓球の荻村杯ジャパン・オープンは大会3日目の16日、東京体育館で男子ダブルスの準々決勝などが行われた。

 世界選手権で48年ぶりの銀メダルに輝いた大島祐哉(23)=木下グループ=、森薗政崇(22)=明大=組と、銅メダルの丹羽孝希(22)=スヴェンソン=、吉村真晴(23)=名古屋ダイハツ=組はそろって快勝。両ペアは17日の準決勝で激突する。

 大島、森薗組は台湾ペアに第3ゲームをジュースの末に制し、3―0のストレート勝利。丹羽、吉村組も香港ペアを3―1で下し、危なげなく勝ち上がった。

 両ペアは世界選手権前の合宿で何度か練習試合を行っており、森薗は「五分五分だったので、その時のコンディションや調子、運にも左右される」と分析。大島は「手の内を知っている相手同士。どっちが凡ミスしないか、ひらめきがあるかのゲームになる。集中力の勝負」と表情を引き締めた。

最終更新:6/16(金) 15:32
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ