ここから本文です

自民、都民が拮抗=都議選投票先で―時事世論調査

6/16(金) 18:13配信

時事通信

 時事通信の6月の世論調査で、東京都議選(7月2日投開票)で投票する政党を尋ねたところ、自民党が20%、小池百合子都知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」は19%を占め、両党がほぼ拮抗(きっこう)した。

 「まだ決めていない」が39%で今後、情勢が変わる可能性がある。

 他の投票先は公明党が6%、共産党が5%、民進党が3%など。都民ファーストと、候補者を相互推薦する公明を合わせると25%で、自民を上回った。

 小池知事を「支持する」と回答したのは66%。特に女性の支持は72%に達し、女性を中心に知事の人気の高さが浮き彫りになった。一方、「支持しない」は17%だった。 

最終更新:6/16(金) 18:45
時事通信