ここから本文です

<ゴルフ>未勝利の27歳山田首位発進 ニチレイレディース

6/16(金) 20:14配信

毎日新聞

 国内女子ゴルフのニチレイレディースは16日、袖ケ浦CC新袖コースで第1ラウンドがあり、プロ転向4年目でツアー未勝利の27歳、山田成美がボギーなしの8バーディーで、大会コース記録を更新する64をマークして8アンダーの単独首位に立った。4打差の2位には、ツアー新人の19歳、大出瑞月(みづき)、25歳の香妻琴乃ら6人が並んだ。前年まで大会3連覇中の申ジエ(韓国)は2アンダーの15位で、前週優勝のキム・ハヌル(同)は1オーバーの52位。前年2位のアマチュア、勝みなみは3オーバーの77位と出遅れた。

 ◇パッティングライン「よく見えた」

 これまでのベストスコアは69。途中順位は昨年9月のゴルフ5レディース第1日の6位が最高だった山田が64で回り単独首位に立った。8個のバーディーのうち5ホールで2~3メートルのパットを沈め、他にチップインと5~6メートル、約20センチが各1回。スコア、順位とも初体験のラウンドを「意外と冷静で、グリーン上のパッティングラインがよく見えた」と振り返った。兵庫県明石市出身で名古屋商大卒業後、プロテストは3回目受験の2014年にトップ合格。昨年のツアー最終予選会11位で今季ツアー出場権を得たが、出場15試合中13試合で予選落ちしていた。「焦らず、練習やトレーニングを積み重ねたおかげだと思う。残り2日間も、その気持ちを忘れずにプレーしたい」

最終更新:6/16(金) 20:14
毎日新聞