ここから本文です

<仏総選挙>マクロン新党議席7割超の勢い 18日決選投票

6/16(金) 20:19配信

毎日新聞

 【パリ賀有勇】フランス国民議会(下院)総選挙の決選投票が18日に行われる。第1回投票で得票率首位となったマクロン大統領の中道新党「共和国前進」は、連携する中道政党とともに定数577議席の7割超を獲得する勢いを維持している。欧州連合(EU)の統合深化に向けマクロン氏が安定した基盤を構築できるか注目される。

 マクロン氏の新党は中道政党「民主運動」と合わせ計529人の候補者を擁立。11日の第1回投票では449選挙区で首位となり、過半数(289議席)獲得が確実視されている。

 マクロン氏陣営が勝利し下院議席の過半数を得た場合は、公約にしてきたEUの統合深化や労働市場の規制緩和など、国内外の政策を実現に移す態勢が整う。

 調査会社オピニオンウェイが15日に公表した世論調査を基にした予想獲得議席数は、マクロン氏陣営が勢いを維持して440~470議席。次点の共和党など中道・右派系(70~90議席)を突き放し、圧倒的多数をうかがう。

 決選投票は、第1回投票で過半数を獲得した当選者が出た選挙区を除く、573選挙区で行われる。18日午前8時~午後8時(日本時間18日午後3時~19日午前3時)に投票が行われ、即日開票される。

 ◇■仏下院選の予想獲得議席数■

           予想獲得議席  現勢力

共和国前進     440~470    0

共和党(中道・右派)  70~90  225

社会党(中道・左派)  20~30  283

不服従のフランス・共産党 5~15   15

国民戦線(極右)      1~5    2

※調査会社オピニオンウェイ公表の世論調査結果と下院事務局の情報を基に作成。各党議席数は連携・系列政党を含む。

最終更新:6/16(金) 20:19
毎日新聞