ここから本文です

16歳・伊藤美誠 中国選手破り8強「中国に負けて仕方ないでは…」

6/16(金) 19:29配信

デイリースポーツ

 「卓球・荻村杯ジャパンオープン」(16日、東京体育館)

 女子シングルス2回戦で、リオデジャネイロ五輪団体銅メダルメンバーの伊藤美誠(16)=スターツ=は、20歳の陳可(中国)にフルゲームの末、4-3(11-6、7-11、11-8、9-11、11-8、8-11、11-7)で勝利し、準々決勝に進出した。

【写真】2回戦突破! スマイル全開の伊藤美誠

 中国の若手選手相手に、持ち味の思い切りのいい速攻と、課題としてきた粘り強さを両立した。「中国選手だから負けて仕方ないじゃなく、同世代だし絶対に勝ちにいこうと思った」。サーブからの3球目攻撃や、バックハンドからのチキータで次々とポイントを奪った。

 世界女王の丁寧、朱雨玲ら中国トップ選手と対戦した経験が生きた。「(陳可は)丁寧選手に比べたら動く幅も狭いし、入れていけばいいと思った。中国選手には逆に強気に行けるし、思い切りやればいいと」。準々決勝も、1回戦で石川佳純(全農)を破った中国のホープ、王曼ユが相手だが、「同世代で一番強いけど、思い切って戦う」と闘志を燃やした。