ここから本文です

DADARAYキネマ倶楽部スペシャルパーティでindigo la Endひさびさに集結

6/16(金) 20:04配信

音楽ナタリー

DADARAYが自主企画イベント「DADAPLUS~SPECIAL PARTY~」を6月10日に東京・東京キネマ倶楽部で開催。スペシャルゲストとしてenonこと川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End)が出演し、DADARAYと共にライブを行った。

【写真】DADARAY(他2枚)

開演後、まずはenonが1人で登場し、大歓声の中で「よろしくお願いします」と一礼。彼がマイクを手にして立ち、打ち込みのトラックをバックにindigo la Endの「ココロネ」を歌い始めると、会場を包み込む透き通った歌声に観客はじっと耳を澄ませていた。「最初から言っときますけど、すごいゆるくやるんで」と言いながらアコースティックギターを手にした彼は、普段のライブではほとんどセットリストに入らないindigo la Endの楽曲「she」「夜の恋は」を弾き語りで披露。MCでは雰囲気が一転し、ヒトカラを楽しんでいたときに起こったハプニングなど、さまざまな話題で観客を笑わせた。

荒井由実の「ひこうき雲」を弾き語りでカバーしたのち、彼は来場者から複数のお題を募って即興で歌を作ることを提案した。「コスモス」「ハーフ」「くもり空」「マッシュルーム」「Radiohead」というキーワードが寄せられ、しばらく考え込んだのちギターを奏で始めたenonは、自虐的とも取れる歌を美しい声で披露。会場が爆笑で包まれる中、彼は笑いながらオーディエンスに「今の歌詞、覚えてても絶対につぶやくなよ」と念を押した。その後、彼はエレキギターに持ち替えて、indigo la Endやゲスの極み乙女。のサポートコーラスを担当するササミオ、DADARAYのえつこ(Key, Vo)、そしてindigo la Endの佐藤栄太郎(Dr)、長田カーティス(G)、後鳥亮介(B)をゲストとしてステージに呼び込んだ。ひさびさに集結したindigo la Endは、7月12日にリリースするニューアルバム「Crying End Roll」から「見せかけのラブソング」をお披露目。思いがけない事態に観客が沸く中、indigo la Endはさらに「インディゴラブストーリー」「夏夜のマジック」を演奏し、大きな拍手に笑顔で応えながらステージを去った。

DADARAYはササミオ、佐藤栄太郎、長田カーティスをサポートメンバーに迎え、アンニュイな雰囲気を漂わせながら「美しい仕打ち」でスタート。疾走感のある「block off」では、6人の卓越した演奏でアグレッシブなアンサンブルを奏でる。休日課長(B)のスリリングなウォーキングベース、えつこのジャジーな鍵盤、REIS(Vo, Key)の艶やかなステージングと力強い歌声が、DADARAYの独自の世界観を作り出していく。「既成の秩序や常識を破壊する光」という意味を込めたバンド名の通り、その後も彼らはプログレを思わせるアバンギャルドなアレンジの「ダダマン」や、メロディアスな歌を美しいハーモニーで聴かせる「誰かがキスをした」など、ジャンルに捕らわれない幅広いスタイルの曲をパフォーマンス。えつこが1人で鍵盤の弾き語りで「ikitsukushi(etsuko ver.)」を歌うと、彼女に煽られて会場中で大合唱が起こった。

「寂れたバーでお酒を飲んでいると私の内なる魅力に気付いて男が寄ってくる」というえつこと、彼女のフェロモンに吸い寄せられた休日課長&長田カーティスによる「ブルゾンえつこ with D」の小芝居を経て、バンドは「場末」を披露。グルーヴィな演奏で「イキツクシ」を歌い、彼女たちはライブを終えた。アンコールを受けて再びステージにメンバーが戻ると、REISが「ひと言、言わせてください」と切り出し、「今日出てくれたenon! ありがとう! こんな機会なかなかないと思うのですごく楽しみにしてきました。DADARAYの曲を書いてもらってますけど、歌っててすごく気持ちいいです」と川谷への感謝の言葉を述べた。アンコールでは「Breeze in me」で切なげに美しいハーモニーを響かせ、ラストに壮大なバラード「灯火」を熱演。メンバーに惜しみない拍手が贈られライブは終了した。休日課長が「写真撮ってもいいですか?」と観客に提案すると、カメラマンとしてステージに川谷絵音が登場。5月31日にリリースされたDADARAYのミニアルバム「DADAMAN」のジャケット写真を使い捨てカメラで撮影したという川谷が、スマートフォンでこの日の記念写真を撮った。

DADARAYは4月5日発売の「DADAISM」、5月31日発売の「DADAMAN」に続いて、6月28日に3枚目のミニアルバム「DADAX」をリリース。7月6日の福岡・DRUM SONを皮切りに初のツアー「DADAPLUS vol.2」を行い、7月20日に大阪・BIGCAT、22日に東京・赤坂BLITZでワンマンツアー「灯火」を開催する。

「DADAPLUS~SPECIAL PARTY~」2017年6月10日 東京キネマ倶楽部 セットリスト
enon
01. ココロネ
02. she
03. 夜の恋は
04. ひこうき雲
05. 即興
06. 見せかけのラブソング
07. インディゴラブストーリー
08. 夏夜のマジック

DADARAY
01. 美しい仕打ち
02. block off
03. ダダイズム
04. WOMAN WOMAN
05. ダダマン
06. 誰かがキスをした
07. ikitsukushi(etsuko ver.)
08. Do what you want
09. 場末
10. 東京Σ
11. イキツクシ
<アンコール>
12. Breeze in me
13. 灯火

DADARAY 2man tour「DADAPLUS vol.2」
2017年7月6日(木)福岡県 DRUM SON
<出演者>
DADARAY / KUDANZ

2017年7月7日(金)岡山県 CRAZY MAMA 2nd Room
<出演者>
DADARAY / Nabowa

2017年7月10日(月)茨城県 club SONIC mito
<出演者>
DADARAY / nikiie

2017年7月11日(火)千葉県 千葉LOOK
<出演者>
DADARAY / YOUR ROMANCE

2017年7月18日(火)愛知県 池下CLUB UPSET
<出演者>
DADARAY / Hump Back

DADARAY oneman tour「灯火」
2017年7月20日(木)大阪府 BIGCAT
2017年7月22日(土)東京都 赤坂BLITZ

最終更新:6/16(金) 20:04
音楽ナタリー