ここから本文です

「ビックカメラ AKIBA」22日オープン。テーマ曲の“AKIBA版”、店舗擬人化アキバたん

6/16(金) 16:32配信

Impress Watch

 ビックカメラは、東京・秋葉原電気街中央通りに6月22日グランドオープンする「ビックカメラ AKIBA」の詳細情報を発表。取扱商品の特徴や、ビックカメラテーマソングの「AKIBAバージョン」、さらに店舗の擬人化キャラクター「アキバたん」も発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 既報の通り、ビックカメラグループは、従来のソフマップ秋葉原本館を「ビックカメラ AKIBA」にリニューアル。ビックカメラは秋葉原初進出となるほか、これに合わせて秋葉原にある同グループのソフマップも6月22日に5店舗体制でリニューアル。ビックカメラも含め“AKIBA ビックマップ”と総称。品揃えやサービス連携、イベントなどを開催していく。

 完成するAKIBA ビックマップは、総売場面積が10,000m2となり、最新家電やアニメ・ゲーム・アイドルグッズなどのサブカルチャー商品、さらに羽田や成田などの国際空港で人気の土産菓子なども含め、幅広い商品を取り扱うという。

 22日グランドオープンする「ビックカメラ AKIBA」では、「専門店の集合体」として、カメラ、パソコン、テレビ、オーディオ、生活家電、美容家電、スマホ、時計、ゲーム、おもちゃ、トラベル用品、自転車などを用意。前述の土産菓子や、家電小売業界としては初となる、IoT LED照明のフィリップス「Hue」(ヒュー)がVR体験できるコーナーや、関東エリアのビックカメラとしては初導入となる楽天モバイルコーナーも用意。

 さらに「コスプレーヤーも必見」として、カラーコンタクトレンズ、メガネ、サングラスの専門売場も用意。ファミリー向けおもちゃも充実させ、ビットコイン決済も導入する。

 また、ビックカメラのテーマソング「AKIBAバージョン」も誕生。5月に公式Twitterで募集し、応募の中から決定したというもの。歌詞は以下の通り。

【バージョン 1】

世界の AKIBAは 電気街
ニッポン カルチャー 最前線
ぐるっと まわりに ソフマップ
ビーック ビックビック ビックアキバ

【バージョン 2】

世界の AKIBAは 電気街
ニッポン カルチャー 最前線
ぐるっと まわりに ソフマップ
ビーック ビックマップ ビックアキバ

 さらに、ビックカメラ AKIBAの擬人化キャラ「アキバたん」も誕生。メイドをイメージした猫耳ヘッドドレスや、千代田区の花であるさくらなど、秋葉原にまつわるモチーフをふんだんに取り入れているのが特徴。ビックカメラの「B」と、“ソフマップ背景”の缶バッヂも装備している。

 グランドオープン記念キャンペーンとして、マクドナルドとのコラボや、ビットコイン導入記念キャンペーンなども予定している。詳細は公式サイトを参照のこと。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:6/16(金) 16:32
Impress Watch