ここから本文です

<英高層住宅火災>死者60人超か 76人の安否確認とれず

6/16(金) 20:30配信

毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】ロンドン西部の高層住宅(24階建て・120室)で起きた大規模火災でロンドン警視庁は16日、死者数は30人に増え、12人が依然、重体だと発表した。現場は完全に鎮火し、出火原因の捜査を始めたとも明らかにした。放火の可能性は否定した。英BBCは76人の安否が確認されておらず、死者数は最終的に60人を上回る可能性があると報じた。

 ロンドン消防局によると、建物内部は焼け落ちた天井や壁などが積み重なり、高層階では床がもろくなっている。遺体捜索は難航し完了まで数週間はかかる見通し。警視庁によると一部の遺体は損傷が激しく身元確認ができない場合もありそうだという。

 英メディアによると死者の1人はシリア難民のムハンマド・ハジャリさん(23)と身元が判明した。

 一方、多くの犠牲者が出た原因をめぐり、人災的要素が指摘されている。火災の上層階への延焼を促進した可能性が指摘される外壁の選択や、火災の際は室内にとどまるように住民が指示されていたことなどが問題視されている。メイ首相は15日、調査委員会を設置する方針を明らかにした。

最終更新:6/17(土) 0:26
毎日新聞