ここから本文です

「トトロ」「ブレードランナー」との共通点とは?「カーズ」新作の監督が明かす

6/16(金) 21:05配信

映画ナタリー

「カーズ/クロスロード」の監督を務めたブライアン・フィーよりコメントが到着した。

スポーツカーのライトニング・マックィーンを主人公とした本作は、ディズニー / ピクサーによる長編アニメーション「カーズ」シリーズの第3弾。ベテランとなったマックィーンは若手たちに勝てない焦りから事故を起こし、レーサーとして岐路に立たされる。

【写真】「カーズ/クロスロード」(他6枚)

フィーは本作に影響を与えた作品として「となりのトトロ」と「ブレードランナー」を挙げ、「まったく違うタイプの作品だけど、どちらも圧倒的な世界観を持っているからだよ」と説明する。「となりのトトロ」は田舎へ引っ越してきた幼い姉妹と不思議な生き物トトロとの交流を描いた、スタジオジブリによるアニメーション。「ブレードランナー」は近未来の地球を舞台に、人類に反乱を起こすアンドロイドと捜査官が戦いを繰り広げるSF作品だ。フィーは「これらの作品に共通するのは、観客を引き込むとても深い感情が描かれていること。僕はそれに挑戦したかったんだ」と語った。

過去作「カーズ」「カーズ2」にストーリーボードアーティストとして参加し、監督のジョン・ラセターとともにシリーズの歴史を歩んできたフィー。本作では自ら監督を務め、「僕は1作目『カーズ』のリアルな世界観にずっと恋をしていた。人間のようにリアルな問題を持ったリアルなキャラクターたちに魅力を感じ、そこに語るべきストーリーがあると思ったんだ」と話すように、人生の決断を迫られた者のドラマを紡いだ。

「カーズ/クロスロード」は7月15日より全国ロードショー。



(c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

最終更新:6/16(金) 21:05
映画ナタリー