ここから本文です

皇太子さま、国際貢献顕彰碑に供花

6/16(金) 19:07配信

時事通信

 【コペンハーゲン時事】デンマーク公式訪問中の皇太子さまは16日午前(日本時間同日夕)、首都コペンハーゲンで、国際貢献のため海外に派遣された同国人をたたえる「国際貢献顕彰碑」に供花し、東日本大震災の支援活動をした同国人らと懇談された。

 
 皇太子さまは、フレデリック皇太子と共に儀仗(ぎじょう)兵を閲兵後、碑の前に2人で並んで花輪を供えた。碑に刻まれた「JAPAN」などの派遣国名や、紛争地などで犠牲となった102人の名前も見て回った。

 続いて、震災直後に支援のため日本に行った同国人らと碑のそばで懇談。一人一人と固く握手を交わし、「ありがとうございました」などと謝意を述べた。

 同日午後はアマリエンボー宮殿で、日本との外交関係樹立150周年記念行事「王室における日本」展の開会式に出席。フレデリック皇太子が震災直後の2011年6月、宮城県東松島市を訪問した際、地元の子どもたちから贈られた紙のかぶとや、15年に寄贈された震災後初収穫の同市産のコメなどを、同皇太子と共に見て回った。 

最終更新:6/16(金) 23:14
時事通信