ここから本文です

ヤクルトが3連勝 代打・荒木が勝ち越し3ラン 雄平は同点2点打

6/16(金) 21:04配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ヤクルト8-5日本ハム」(16日、神宮球場)

 ヤクルトが3連勝でカード初戦を取った。3-5の八回、雄平の中前2点適時打でこの試合3度目の同点とすると、代打・荒木の左越え4号3ランで3点を勝ち越した。

 0-1の二回は藤井の左越え2号ソロで同点。1-2の五回は代打・グリーンの左中間2号2ランで再び同点。先発・星は5回6安打3失点。

 荒木はお立ち台で、「大松さんの代打だったのですごいプレッシャーはあったけど、なんとか自分で決めようと強い気持ちでいった。(難しい球)どんな球でも持っていこうと、たまたまホームランになってうれしい。(交流戦では)負けが先行しているが最後はしっかり勝ちたい」などとチームを代表して、交流戦残り2試合での健闘を誓った。

 日本ハムは連勝が2で止まった。二回、中田の左中間8号ソロで1点を先制。1-1の四回は市川の左線適時二塁打で1点を勝ち越し。五回は松本の左越え適時二塁打で1点を追加。3-3の八回は代打・矢野の左線2点二塁打で2点を勝ち越したが、直後に逆転された。先発・高梨は7回3安打3失点。

Yahoo!ニュースからのお知らせ