ここから本文です

次期朝ドラ「わろてんか」に鈴木京香 広瀬アリス、藤井隆ら新キャスト

6/16(金) 17:01配信

スポニチアネックス

 女優の葵わかな(18)がヒロインを務め、10月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜前8・00)の新たな出演者が16日、同局から発表され、鈴木京香(49)、藤井隆(45)、広瀬アリス(22)、新井美羽(10)、鈴木福(12)らの出演が決定した。

 明治後期に京都の老舗薬種問屋の長女として生まれたヒロインの藤岡てんが、夫・藤吉と寄席経営を始め、大阪を“笑いの都”に変えていく物語。笑いをビジネスにした日本初の女性と言われるまでになる姿を描く。

 鈴木は藤吉の母・北村啄子(つえこ)役の出演。朝ドラ初出演の広瀬は藤吉を兄のように慕い、恋心を抱くがゆえに、てんの存在を疎ましく思う“恋敵”、秦野リリコ役を演じる。

 てんの幼少時代を大河ドラマ「おんな城主 直虎」で直虎の幼少時代(おとわ)を好演して話題を集めた新井、てんの従弟・武井風太(濱田岳)には鈴木福が抜てきされた。

 さらに芸人仲間のキースに大野拓朗(28)、ドケチなにわか芸人のアサリ役に前野朋哉(31)、藤吉の古くからの知り合いでまったく面白くない芸人・万丈目吉蔵に藤井、吉蔵の妻で一膳飯屋「万々亭」を切り盛りする万丈目歌子に枝元萌(41)、興行界の風雲児・寺ギンにお笑いコンビ「矢野・兵動」の兵動大樹(46)、キースの幼少時代に前田旺志郎(16)がそれぞれ決定した。