ここから本文です

「忍ミュ」第8弾再演、兵助役の山木透ら「全シーンが見どころ」と胸を張る

6/16(金) 23:14配信

コミックナタリー

尼子騒兵衛「落第忍者乱太郎」、アニメ「忍たま乱太郎」を原作とする「ミュージカル『忍たま乱太郎』第8弾 再演 ~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~」が、本日6月16日に東京・サンシャイン劇場にて開幕。これに先駆けて公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

【写真】「ミュージカル『忍たま乱太郎』第8弾 再演 ~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~」ゲネプロより。(他9枚)

第8弾の「がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!」は、1月に東京・東京ドームシティ シアターGロッソで初演を迎えた。今回の再演でも久々知兵助、尾浜勘右衛門、不破雷蔵、鉢屋三郎、竹谷八左ヱ門の忍術学園5年生たちを中心とした物語を展開。また第7弾で初登場した兵庫第三協栄丸率いる兵庫水軍の面々も登場する。

物語は、ドクタケ忍者隊が兵庫水軍の若衆の乗る船を襲撃するところからスタート。報せを受けた忍術学園の学園長は、5年生に重要なミッションを命じる。喜び勇む5人だったが忍務を果たせず、6年生の潮江文次郎や立花仙蔵、果ては兵庫水軍の面々から力不足だとあなどられてしまう。しかし、彼らは自分たちなりの方法で忍務をやり遂げ、ドクタケ忍者隊に立ち向かっていく。

豆腐を愛してやまない兵助を筆頭に、優柔不断な雷蔵、常に雷蔵の変装をしている三郎など、1人ひとりのキャラクターが光る5年生は、原作マンガやアニメでも人気の高い学年。ミュージカルでは“寸鉄“や万力鎖”などそれぞれが得意とする武器を使ったアクション、ストーリーの合間で披露される歌唱シーン、敵味方入り乱れての殺陣が見どころだ。またカーテンコール後には、アナザーストーリーが上演される回も。ゲネプロでは、勘右衛門が中心となるストーリーが上演された。

ゲネプロ後には取材が行われ、久々知兵助役の山木透、尾浜勘右衛門役の佐藤智広、不破雷蔵役の吉田翔吾、鉢屋三郎役の久下恭平、竹谷八左ヱ門役の栗原大河、さらに潮江文次郎役の海老澤健次、立花仙蔵役の二平壮悟が会見に応じた。佐藤は開口一番、「尾浜勘右衛門くんは、16年の時を経て登場したキャラクターです。どんな役目を担っているかに注目していただけるとうれしいです」と原作マンガでの初登場から16年もの間、作中から姿を消していた勘右衛門をいじる。また「初演のGロッソは舞台面が3段と高さがありましたが、今回は2段で客席からもよく観えると思うので、芝居をしっかりがんばりたいです」と意気込んだ。

久下は「初演とは舞台の幅やスペースが変わってきているので、自分の得意武器をどれだけ魅力的に見せられるのか、こだわりたいです」と自らを追い込む。そして海老澤は「再演と言うことで、初演から追加されたシーンやストーリーが違うところがあったりします。ギャグや曲のアレンジだったり、初演よりパワーアップしているので注目していただけたら」とアピール。さらに5年生を演じる面々について「初演を終えてみんな成長したと思います。稽古でも自分の考えを発言するようになったし、5年生同士が話す機会が増えたので、その成長が舞台上にも出てるんじゃないかと思います」と1学年上の文次郎らしく答えた。

登壇者の中で唯一、初参加となった二平。「初演を観させてもらったときは圧倒されたので、それに負けないパワーで……やっていきます……」と少し言葉に詰まると、ほかのキャストたちが「おいおいおい!」と総ツッコミを入れてカバーし、仲のよさを見せつける。二平は「芝居、歌、ダンス、殺陣、全部食らいついていこうという気持ちです。相方のエビさん(海老澤)が、とても優しくて助けられてます。それに甘えずに一緒に“6年い組“を作っていこうと思います」とコメントした。

栗原は「初演よりもしっかりした、ちょっと強気な5年生に注目していただければなと思います。僕は“微塵”という武器を使っているのですが、初演のGロッソは高さがあり、上に高く投げていたので、今回はどうやって見せようか考えながらやっています」と語る。吉田は「個人的にはアクロバットをしている部分を観てほしいです。アクロバットはドクタケ忍者役の石井(靖見)さんに習っています。絶対に初演を超える作品を作るというのを目標にやっております」と思いを口にした。

最後に山木は「1人ひとりのキャラクターや、アプローチの仕方など、初演に比べて変わった部分があります。本当に全部のシーンが見どころなので、お楽しみください!」と胸を張る。さらに「ステージと演出が変わり、キャストも一部変更になり、新鮮な気持ちでお届けします。初演をご覧になった方も、新しいものだと思って観に来てください!」と元気いっぱいにアピールした。公演は6月16日から7月2日まで東京・サンシャイン劇場、7月21日から23日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて行われる。

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第8弾 再演 ~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~」
東京公演
会期:2017年6月16日(金)~7月2日(日)
会場:サンシャイン劇場

大阪公演
会期:2017年7月21日(金)~23日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール

スタッフ
脚本:阪口和久
演出:菅野臣太朗

キャスト
忍術学園5年生
久々知兵助:山木透
尾浜勘右衛門:佐藤智広
不破雷蔵:吉田翔吾
鉢屋三郎:久下恭平
竹谷八左ヱ門:栗原大河

忍術学園6年生
潮江文次郎:海老澤健次
立花仙蔵:二平壮悟

忍術学園1年生
猪名寺乱太郎:鎌田一輝 / 岩間甲樹
摂津のきり丸:高橋玲生 / 山崎翔太
(※「高」は、はしごだか、「崎」は、たちざきが正式表記)
福富しんべヱ:福冨慶士郎 / 牛尾竜威

忍術学園関係者
大川平次渦正:迫英雄
土井半助:竹村仁志
山田伝蔵:今井靖彦

兵庫水軍
兵庫第三協栄丸:北村圭吾
蜉蝣:新田健太
鬼蜘蛛丸:杉江優篤
義丸:薫太  
舳丸:橘龍丸
重:倉本発

ドクタケ忍者隊
稗田八方斎:幹山恭市
キャプテン達魔鬼:高橋光
壱:小笠原竜哉
弐:寺本翔悟
参:湯浅雅恭
肆:石井靖見
伍:中村利裕
陸:開沼豊
壱百七:渡辺崇人

寅吉:岡村まきすけ

(c)尼子騒兵衛 / NHK・NEP (c)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会