ここから本文です

日朝当局者、モンゴルで会談=核・ミサイルの自制要求

6/16(金) 20:43配信

時事通信

 外務省の滝崎成樹アジア大洋州局審議官は15日、北朝鮮のリ・ヨンピル外務省米国研究所副所長とモンゴルの首都ウランバートルで短時間会談し、核・ミサイル開発での挑発行為を自制するよう求めた。

 また、日本人拉致被害者らの再調査に関するストックホルム合意の履行と被害者の早期帰国も申し入れた。日本外務省が16日発表した。 

最終更新:6/16(金) 20:49
時事通信