ここから本文です

法相候補が指名辞退=婚姻偽装の前歴発覚―韓国

6/16(金) 21:28配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領から法相候補に指名されていた安京煥・前ソウル大名誉教授(68)が16日、指名を辞退した。

 大統領府高官は「本人の意思を尊重する」と述べた。安氏は1970年代、結婚をためらっていた知人女性の印鑑を偽造して勝手に婚姻届を出し、裁判所から婚姻無効判決を受けていたことなどが発覚していた。

 文大統領が指名した閣僚候補の辞退は初めてで、野党は閣僚の人選や事前のチェック体制を批判する声明を一斉に出した。野党は外相候補の康京和氏の任命にも反対しており、指名撤回要求が強まるのは必至だ。 

最終更新:6/17(土) 1:03
時事通信