ここから本文です

<プロ野球>トラ岩貞7回1失点 楽天打線に的絞らせず

6/16(金) 23:10配信

毎日新聞

 ○阪神4-2楽天●(16日・甲子園)

 パ・リーグ首位の楽天の強力打線に、阪神の左腕・岩貞が立ちはだかった。ソロ本塁打の1本しか安打を許さず、7回1失点。会心の投球で5月3日以来、自身5試合ぶりの白星をつかみ取った。

 積極的にバットを振ってくる相手打線に対し、伸びのある直球に低めへのスライダーやチェンジアップを織り交ぜて的を絞らせなかった。「真っすぐがある程度走っているので、チェンジアップも思い切って投げられる。真ん中でもいいやというくらいに」と伸び伸びと腕を振り、危なげない投球を続けた。

 お立ち台では「すみません。なかなか勝てなくて」とファンに謝った。3年目の昨季に10勝を挙げてブレーク。だが今季は制球が安定せず、5月10日の巨人戦では4本塁打を浴びて4回7失点で降板するなど苦しんだ。2軍で体重移動の仕方などフォームを再調整。1軍復帰後の2試合は試合を作りながらも打線の援護に恵まれず勝てなかったが、ようやくトンネルを抜けた。

 快投で交流戦勝ち越しを決める1勝をもたらした。「なかなか調子が上がってこない中、チームがよい順位にいるので、置いていかれないように必死に投げた」。危機感を力に変えた左腕の復活は心強い。【坂本太郎】

最終更新:6/16(金) 23:10
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 14:15