ここから本文です

巨人・マギー5打点 来日初の三塁打に「走っている間は緊張感が…」

6/16(金) 21:45配信

スポニチアネックス

 ◇交流戦 巨人8―0ロッテ(2017年6月16日 東京D)

 5番に入ったマギーが二塁打、三塁打、本塁打と3本の長打を放って5打点を荒稼ぎ。8回無失点と好投したマイコラスとの助っ人コンビで巨人を勝利へと導いた。

 マギーは初回、1死満塁から左中間へ先制の2点適時二塁打を放つと、5回には2死一、二塁のチャンスにフェンス直撃の中越え三塁打を放って再び2打点。8回には先頭打者として打席に入り、左翼ポール直撃のソロアーチを放った。単打を打てばサイクル安打達成だったが、この回9人目の打者となった4番・阿部が倒れてこの回2度目の打席は回ってこなかった。

 「ここ1週間ほど、得点圏の場面であまりいい結果が出ていなかったが、前の打者たちがチャンスをつくってくれていい結果につながった」と安どの表情を浮かべたマギー。左翼ポール直撃となった7号ソロについては「強い打球を打つことを心がけていた。切れるかと思ったが、うまく残ってくれた」と、来日初の三塁打となった5回の第3打席については「あまり打つ機会がないので二塁から三塁へ走っている間は緊張感があったが、うまく結果が出て良かった」と振り返った。