ここから本文です

打線活気づけたマギー=初の三塁打、5打点-プロ野球・巨人

6/16(金) 22:46配信

時事通信

 1本塁打を含む3安打5打点の大暴れ。巨人のマギーが単打を打てばサイクル安打という固め打ちで、チームを4位に浮上させた。

 まずは一回1死満塁の好機で先制の2点二塁打。弾丸ライナーで左中間を破った。「このところ得点圏で打てていなかった。これで肩の力が抜けた」
 待望の適時打で気を良くすると、五回2死一、二塁では日本で初の三塁打。「二塁を回った辺りで足がもつれたが、次の打者が楽に打てるようにと思って走った」と声を弾ませた。

 とどめは八回。左翼ポール直撃の7号ソロ。5月10日以来の一発に、「時間がかかった。次は1カ月以上空かないようにしたい」と頭をかいた。

 開幕から全試合出場を続け、打率も3割台をキープし、打線を引っ張る。チームは9得点した5月10日以来、6点以上を挙げた試合がなかったが、マギーの活躍でこの日は8点をたたき出した。

 「この1週間はいい試合ができている。ゆっくりでも、上位に追い付ければいい」と誓ったマギー。頼れる男の存在で、元気のなかった打線に活気が戻ってきた。

最終更新:6/16(金) 22:49
時事通信