ここから本文です

【DeNA】ロペスが2戦連続の14号「感触はまずまず」

6/16(金) 18:56配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA―オリックス(16日・横浜)

 DeNAのホセ・ロペス内野手(33)が、2試合連続で初回に先制ソロを放った。初回2死からオリックスの先発・西が投じた初球、133キロのスライダーを強振。打球は左翼席中段に飛び込む14号ソロとなった。

 「打ったのはスライダー。感触はまずまずよかったです。まだ初回なので、チームに貢献できるようにまだまだ頑張ります」。前夜は初回の12号先制ソロに続き、7回にダメ押しの13号ソロを放つなど4打数4安打の大暴れ。絶好調の助っ人が、チームにまたしても勢いをもたらした。

 なお、球団がメディア向けに公開を始めた弾道測定器「トラックマン」のデータによると、この一発の打球速度は時速145キロ、打球角度は37度、推定飛距離は109メートル、最高到達点は30メートルだった。

 ※昨季の横浜スタジアムで出た本塁打の平均速度は158キロ、平均角度は30度。

最終更新:6/16(金) 19:04
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報