ここから本文です

【MLB】メッツ、M.ハービーとN.ウォーカーが揃って数週間の故障離脱

6/16(金) 12:42配信

ISM

 ニューヨーク・メッツは現地15日、先発右腕マット・ハービー投手とニール・ウォーカー二塁手について、それぞれ数週間の離脱になる見通しだと発表した。

 ハービーは右肩甲骨の損傷と診断されたとのことで、14日のシカゴ・カブス戦では球速が上がらず4回4失点と乱れたが、これが原因の可能性も。メッツによると、自己多血小板血漿(PRP)療法を受け、リハビリは痛みがなくなってから開始するようだ。今季はここまで13試合に先発登板し、4勝3敗、防御率5.25。

 ウォーカーは同じカブス戦でセーフティバントを試みた際にハムストリングを部分断裂。ハービーと同様、PRP療法を受けたがこちらはすぐにリハビリを始められる見込みだという。今季はここまで打率.270、9本塁打、33打点を記録している。(STATS-AP)

最終更新:6/16(金) 12:42
ISM