ここから本文です

【MLB】フィリーズ代打策が的中、C.セールの失投のがさず決勝打

6/16(金) 14:18配信

ISM

 フィラデルフィア・フィリーズは現地15日、地元でボストン・レッドソックスと対戦。レッドソックスの左腕クリス・セール投手に苦しめられたが、8回に代打タイ・ケリーが値千金のタイムリー二塁打を放ち、1対0で接戦を制した。

 4月にトロント・ブルージェイズからフィリーズへ移籍したケリーは、レッドソックスとの変則4連戦(前半2試合がレッドソックスのホームゲーム、後半2試合がフィリーズのホームゲーム)で、代打として3打数2安打をマーク。敵地で行われた13日の試合でも延長12回にヒットを放っていた。

 フィリーズのピート・マッカニン監督は、「ケリーはボストンでも終盤にヒットを打っていた。代打陣のヒットは常に大きな意味を持つが、今日は勝利を呼び込んでくれた」とコメント。殊勲のケリーも「いつもより多くの友人たちがメッセージをくれるんじゃないかな」と喜んでいた。

 一方、8回を投げ切り4安打、1四球、10奪三振、1失点も、4月27日以来の黒星(今季8勝3敗)を喫したセールは、「最悪のタイミングで最悪の失投をしてしまった」と悔やんでいた。(STATS-AP)

最終更新:6/16(金) 14:19
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 18:50