ここから本文です

【磐田】入念に浦和・柏木のセットプレー対策…森下「興梠にボールを入れさせない」

6/17(土) 9:04配信

スポーツ報知

 J1ジュビロ磐田はあす18日、リーグ1位の33ゴールを誇る浦和と敵地で対戦する。16日は相手MF柏木陽介(29)のセットプレー対策を入念に行った。キッカーに柏木と同じ左利きを配し、CKを含めゴール近くからのプレースキックをはね返し続けた。

 DF大井健太郎(33)は「(セットの)マークはマンツーマン。声をかけあい、GKを楽にしたい」。DF森下俊(31)も「(リーグトップ11得点の)FW興梠選手にボールを入れさせないよう、落ち着いて対応する」と意気込んだ。チームはここ2戦連続無失点。MF小川大貴(25)は「無失点で相手を焦らすことが大事」。守備から攻撃につなげ、連勝する。

最終更新:6/17(土) 9:04
スポーツ報知