ここから本文です

三秋里歩、元後輩・NMB須藤の結婚宣言に驚き「先を越されるとは」

6/18(日) 13:26配信

オリコン

 女優の三秋里歩(22)が18日、都内で主演映画『霊眼探偵カルテット』(公開中)の舞台あいさつに登壇。17日に沖縄県で開催された第9回AKB48選抜総選挙で結婚を発表したNMB48時代の後輩・須藤凜々花(20)について驚きつつ「私も結婚したい」と願望を語った。

【写真】大熊杏実、高橋優里花ら女優陣が集結

 三秋は小谷里歩としてNMB48に1期生として加入。昨年、卒業するまで同じチームNで活動していた。降壇時、報道陣から須藤について問いかけられると三秋は「私も結婚したい。驚きました。(総選挙の中継を)見ていたんですけど、え~ってなった」と振り返った。後輩の結婚に「先を越されるとは思いませんでした」と驚いていた。現在は「みんなのLINEが消えちゃったんです」と話し、連絡を取っていないと明かした。最後は「すみません、何の発表もなくて」と恐縮しきりだった。

 この日は、階段でつまづいて転倒し、左すねを強打する一幕も。三秋は「写真撮って、これ載せてください」と転んでもただでは起きない精神を見せていた。

 同作は旭正嗣監督作品。「呪いのリップ」から始まった惨劇を描くホラーとなっている。これが映画初主演となった三秋は「初めて、こんなに映画の撮影をした。とにかく朝も早いし、夜も遅い。女優さんって、こんなに大変やのに、あんなにキレイなのをキープしているのかと思うとビックリしました」と撮影を振り返った。「ちょうど暑くなってきた。ひんやりしたい方もたくさんいると思う。この涼しい映画館で背筋ゾクゾク楽しんでいただけたら」とアピールしていた。

 舞台あいさつには石田佳蓮、大熊杏実、高橋優里花、川上将大、天宮良、井上正大、竹内玲音、溝口恵、鯉迫ちほ、小堀裕之(2丁拳銃)、小原春香、Shinya(DIR EN GREY)、旭監督も参加した。

最終更新:6/18(日) 13:35
オリコン