ここから本文です

【GOLF】フェスキューに苦しんだR.マキロイ 6オーバー143位タイ

6/16(金) 16:02配信

ISM

 全米オープン(ウィスコンシン州、エリンヒルズ)の第1ラウンドが終了し、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は6オーバー143位タイと出遅れ、単独首位は7アンダーでリッキー・ファウラー(米)となった。

 マキロイは運営側がフェスキューをカットしたことに対して「フェアウェイは広い。その範囲に打てないなら、荷物をまとめて帰ればいい。フェスキューは問題じゃない」と大会前の会見で語っていた。

 しかし、このままの状況では本当に荷物をまとめて帰らなくてはならない。予想カットラインはイーブンパー付近なため、2日目にスコアをかなり伸ばさなければ、決勝ラウンド進出は厳しくなる。

「フェアウェイは十分広かった、ただその範囲に打てなかっただけ。そんな日もある。ケガの影響も全くないし、ただフェスキューに入って、タイミングよく打てなかった」と振り返った。

 この日のフェアウェイキープ率は約35%(5/14)とマキロイらしいティーショットを放つことはできなかった。コントロール性を取り戻し、ビッグスコアをマークすることは出来るだろうか?

最終更新:6/16(金) 16:02
ISM