ここから本文です

【第9回AKB総選挙】AKB渡辺麻友、ラスト選挙2位で年内卒業を発表「一から出直すつもり」

6/17(土) 20:49配信

オリコン

■『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベント(17日、沖縄・豊見城市立中央公民館)
 AKB48チームBの渡辺麻友(23)が、最後の総選挙と決意し、3年ぶりの女王奪還を目指して臨んだが、最終結果は14万9132票で惜しくも2位に。壇上でのスピーチ中に、今年いっぱいの活動をもって卒業することを発表した。

<写真&コメント一覧>49thシングル 選抜総選挙1位~80位

 第1回からすべての総選挙に参加してきた渡辺は、今回が「私自身最後の総選挙です」と宣言して出馬。しかし、速報で4位、票数も前年より1万5000票近く減らすなどスタートダッシュに失敗し、奇跡の逆転は実現できなかった。

 壇上のスピーチではこれまでの自身の総選挙を振り返り、改めてファンに感謝の言葉を述べると、突然卒業を発表。「一から出直すつもりで外の世界に」「グループでもうやり残したことはない」という気持ちから、今年いっぱいの活動をもってグループから離れることを明らかにした。

 その渡辺を上回り3年連続で1位となったHKT48の指原莉乃は、渡辺の卒業宣言に涙を浮かべて「大事な仲間が卒業発表して、本当に怖いです」とショックを受けながらも「麻友の判断を応援したいと思います。頑張ってね」と語りかけ、壇上で抱擁を交わした。

◆渡辺麻友(わたなべ・まゆ)1994年3月26日生まれ、22歳。埼玉県出身。愛称はまゆゆ。2006年12月に3期生としてAKB48に加入。13年2月発売の30thシングル「So long!」で初めてセンターポジションを務め、以降の多数のシングルのセンターに。12年2月に初主演を飾ったドラマの主題歌で、AKBの4人目となるソロデビューを果たす。過去の総選挙は第1回から4位→5位→5位→2位→3位→1位→3位→2位。唯一のTOP7をキープし続けているメンバーである。

最終更新:6/19(月) 17:49
オリコン