ここから本文です

工事予定地を公開 常磐道いわき中央-広野4車線化

6/16(金) 12:04配信

福島民報

 東日本高速道路東北支社は4車線化する常磐自動車道のいわき中央-広野インターチェンジ(IC)間の着工を前に、15日、福島県いわき市好間工業団地内の工事予定地を報道陣に公開した。
 常磐自動車道は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後、復旧・復興工事に従事する車両などにより、交通量が増加した。4車線化事業は現在片側1車線のいわき中央-広野IC間の約27キロの区間を片側2車線に拡幅する。トンネルの掘削や橋の建設を含める。
 総工費は約900億円。平成32年度の完成を目指す。着工は17日。
 常磐自動車道は27年3月に全線開通した。利便性の向上に向け新ICの建設なども進められている。楢葉町のならはスマートICは31年3月に供用開始予定。今後、着工する大熊町の大熊IC(仮称)は31年3月、双葉町の双葉IC(仮称)は32年3月の完成を目指している。

福島民報社

最終更新:6/16(金) 12:21
福島民報