ここから本文です

米与野党野球チームが試合 銃乱射の翌日 大統領「暴力に屈しないこと世界に示す」

6/16(金) 9:51配信

産経新聞

 【ワシントン=加納宏幸】米共和、民主両党議員らで作る野球チームのチャリティー対抗試合が15日夜、大リーグ、ワシントン・ナショナルズの本拠地「ナショナルズ・パーク」で開かれた。14日に練習中の共和党チームが銃乱射を受けた衝撃が続く中、思い思いのユニホーム姿の選手たちが熱戦を展開した。

 両チームの選手は銃撃を受けて入院中のスティーブ・スカリス下院議員らに祈りを捧げた後、国歌を斉唱した。始球式では、乱射で負傷した議会警察の警官が松葉づえ姿で登板して投球し、喝采を浴びた。

 トランプ米大統領はビデオ・メッセージで試合開始の挨拶を寄せ、「私たちが暴力行為に屈しないことを世界に示そう」と党派を超えた団結を呼びかけた。

最終更新:6/16(金) 9:51
産経新聞