ここから本文です

田中千絵、台湾からの“逆輸入女優”として人気上昇中 「日本で仕事をするほうが、緊張します」

6/16(金) 13:46配信

サンケイスポーツ

 台湾からの“逆輸入女優”として人気上昇中の田中千絵(35)が16日、東京都内で行われたイベント「2017 TAIWAN EXCELLENCE in Tokyo」のオープニングセレモニーに参加した。

 日本で約6年ぶりとなる囲み取材に、「かなり緊張しています。(台湾より)日本で仕事をするほうが、緊張します」と苦笑した田中は、1996年に日本で芸能界デビュー。2006年に単身台湾へ語学留学し、同地でトップ女優となった。

 現在も台湾を拠点に活動しているが、今月12日放送のフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」で、12年ぶりに日本のドラマに出演し、話題となった。今後は日本の作品へどんどんチャレンジしたいと意欲をみせ、「宮沢りえさんが憧れ。共演させていただきたいです」とニッコリ。「文化・芸術を通して、日本と台湾の交流がもっと盛んになればいいなと願っています」と目標を口にした。

 田中の父親は、世界的に著名なメーキャップアーティスト、トニー・タナカ氏(68)。今月18日は父の日と報道陣にふられた田中は、「私は明日の朝、台湾に戻るため、当日はお祝いができません。きょうこの後、父と食事をします。家族だんらんはかけがいのない時間」と話していた。

 台湾を代表するブランド製品を展示・体験する同イベントは18日まで、東京丸の内の商業施設「KITTE」で行われる。

Yahoo!ニュースからのお知らせ