ここから本文です

公明・井上義久幹事長 今国会で党首討論ゼロに「残念。国民注視の中で行うことに意味がある」

6/16(金) 16:16配信

産経新聞

 公明党の井上義久幹事長は16日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)と野党党首による党首討論が18日までの今国会で一度も行われない見通しになったことについて「残念だ。国民注視の中、わかりやすい形で党首討論が行われることは大きな意味がある。できるだけ、やるべきだ」と述べた。

 井上氏は、国会終盤に与党から野党に対し党首討論を開くよう呼びかけたことを明らかにした。その上で「野党といっても民進党だと思うが、はかばかしいお返事がなく、流れてしまったということだろう」と指摘した。

 与野党は、首相が委員会や本会議に出席する週をのぞき、党首討論を月1回開くことで合意している。

最終更新:6/16(金) 16:16
産経新聞