ここから本文です

フジ宮内次期社長が所信表明 「働きやすい環境を作るのが第一優先」

6/16(金) 19:00配信

サンケイスポーツ

 フジテレビ次期社長の宮内正喜BSフジ社長(73)が16日、東京・台場の同局で会見。「私の使命は低迷しているフジテレビの業績を上げる。この1点に尽きる」と所信表明した。

 そのためには「会社の雰囲気、社員の士気を上げることが先。働きやすい環境を作るのが第一優先」と持論を展開。「社内の壁を減らして、各セクションの風通しを良くする」と7月1日付で21局3室の組織を14局4室にスリム化すると発表した。東京・新宿区河田町に本社があった時代の「大部屋の活気を取り戻すことでいい企画が生まれてくるはず」と語った。

 宮内氏は1967年に同局に入社。編成制作局長、岡山放送社長などを経て15年からBSフジ社長に就任。

 28日の株主総会後に行われる取締役会で、退任する亀山千広社長(61)に代わり、正式に新社長に就任する。