ここから本文です

阪神、原口の先制弾で逃げ切り!岩貞が7回1安打1失点の好投で3勝目 ドリスは20セーブ目

6/16(金) 20:48配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、阪神4-2楽天、1回戦、阪神1勝、16日、甲子園)阪神は原口文仁捕手(25)の5号2ランで勝負を決めた。先発の岩貞祐太投手(25)が7回1安打1失点の好投で3勝目(4敗)を挙げた。プロ初登板となった楽天のドラフト1位・藤平尚真投手(18)は5回5安打2失点で初黒星を喫した。

 前夜にサヨナラ打を放ち、金本監督に通算100勝目をプレゼントした原口が、二夜連続で主役に躍り出た。二回一死一塁、藤平から左中間に5号先制2ランを放ち、楽天のルーキーにプロの洗礼を浴びせた。

 八回二死満塁では、鳥谷が楽天の3番手・久保から右中間へ2点適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 投げては岩貞が三回に三好にソロ本塁打を浴びた以外、完璧な投球内容で3勝目。九回は抑えのドリスが1点を失ったが、何とか逃げ切り、20セーブ目をマークした。

スポーツナビ 野球情報