ここから本文です

国会が事実上閉会 党首討論も参院憲法審も初の「0回」

6/16(金) 18:43配信

産経新聞

 第193国会は16日、会期を2日間残して事実上閉会した。平成12年に導入された党首討論は、通常国会としては初めて1回も行われない事態となった。

 与野党は党首討論について「原則として首相が他の委員会や本会議に出席する週を除き、月1回開催」と申し合わせている。だが、今国会は安倍晋三首相の出席が多かった上、野党側が特定の問題を長時間追及できる首相出席の予算委員会の集中審議を優先する姿勢をみせた。

 参院憲法審査会も、議論のテーマをめぐる与野党の対立などが続き、1回も行われなかった。通常国会での審議0回は23年に憲法審が始動して以来、衆参両院を通じて初めてとなった。

 政府提出の法案では、「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法や天皇陛下の譲位を可能にする特例法などが成立し、成立率は95.5%だった。

最終更新:6/16(金) 18:43
産経新聞